女子高生 桃尻 漫画

女子高生の桃尻【エロ漫画】の感想はこちら!

『千夏と熊ちゃん先生』の競泳水着JKの桃尻に大興奮!

女子高生ともなれば、胸やお尻の発達が盛んですよね。
出るところは出ている、大人の女性に近い体型。
そんなエロい女体が競泳水着なんて着たら、すぐにオトコたちの視線を集めてしまうわけです。


>>千夏と熊ちゃん先生

アマゾネスさんの『千夏と熊ちゃん先生』はまさに、そんな内容のお話。
競泳水着が似合う女子高生が、エッチな痴態を披露してくれて。
ふっくらとした感じの桃尻をバッチリ見せてくれています♪

『千夏と熊ちゃん先生』のあらすじ

水泳部のエースとして活躍中の女子高生・千夏には、ある秘密がある。
それは、顧問の熊五郎とお付き合いしていること。

明るくて水泳部の人気者で、美少女といった感じの女子高生。
その一方で、毛むくじゃらでどこか近寄りがたい感じの男性顧問。

一見すると、上手くいかなそうに見えるこの二人。
でも、実際に付き合ってみると・・・。

『千夏と熊ちゃん先生』の登場キャラ

・千夏

水泳部のエースとして活躍中の女子高生
明るい性格で、部活のみんなからの人気も厚い。
実は、顧問とこっそりお付き合いしている。

・熊五郎

水泳部の男性顧問。
全身が毛むくじゃらで、どことなく近寄りがたい雰囲気をしている。


>>千夏と熊ちゃん先生

『千夏と熊ちゃん先生』の各話タイトル

『千夏と熊ちゃん先生』の各話タイトルは、次の通りです。

「もう…我慢出来ん!」熊ちゃん先生のイライラの原因は…?
「おいで熊ちゃん」千夏の決めた答え…は?
「おっぱいばっかり弄っちゃダメっ!」男くさくて不器用な愛撫は千夏のアソコを…
「じゃあ…挿入するぞ?」熊ちゃんの大きいナニが入ってきて…?
「ダメ…イッちゃう!!」激しく突かれて何度も絶頂しちゃった千夏は…


>>千夏と熊ちゃん先生

『千夏と熊ちゃん先生』を読んだ感想

アマゾネスさんの絵柄を見る限り、美少女を描くにはピッタリのエロ漫画家だと思いますし。
実際に『千夏と熊ちゃん先生』でも、女子高生の桃尻はもちろん、表情がとっても色っぽく感じられるんです♪

『千夏と熊ちゃん先生』を読んでみて真っ先に感じたのが、女子高生の競泳水着のエロさ

1ページ目からすでに、よーいスタートのワンシーンになっていて。
競泳水着を着た女子高生が、今まさに飛び込もうとしているところ。
その様子を、バックからどアップで描いてくれていますから。
競泳水着が女子高生の桃尻に食い込んでいる様子がバッチリわかってしまうわけで。
正直なところ、この1ページだけでシコシコしてしまう読者も多いのではないでしょうか(笑)。

水泳部のエースというだけあって、泳ぎで鍛え上げられた女体はすばらしいもので。
女子高生のキュッと引き締まった桃尻はなかなかのもの。
それは、競泳水着を着ているときだけでなく。
男性顧問とのセックスの時も、かなりの抜きどころになっているんです。


>>千夏と熊ちゃん先生

スポーツ少女らしい引き締まったボディで、男性顧問の下半身を受け入れる桃尻女子高生。
騎乗位で男性器を飲み込んで、両手でガッチリと桃尻をつかまれちゃっていますからね。
桃尻が上下に激しく揺れ動くのと同時に、お尻の谷間を閉じたり開いたり。
まるで、女子高生の弾力のある桃尻をわざと見せつけているかのような。
そんな読者サービスをしてくれているのがうれしいところですよね♪

アマゾネスさんの『千夏と熊ちゃん先生』は、女子高生の桃尻が思う存分楽しめる点が魅力的。
やや大きめのピンク色の乳輪が、女子高生が巨乳オッパイなのを上手に表現してくれていますし。
顧問の太いペニスを受け入れて、

「もうダメッ!もうダメェッ!!」

と絶叫する桃尻女子高生のイキ顔が楽しめますよ。

競泳水着JKが桃尻を披露!
フルカラーで読むならこちら♪
↓  ↓  ↓


>>千夏と熊ちゃん先生

 

タグ :                      

アマゾネス

この記事に関連する記事一覧